歯石 原因 症状 対処法

歯石は歯垢と菌が溜まった状態!その原因や症状と対処法とは?

スポンサーリンク

歯石は歯垢と菌が溜まった状態!その原因や症状と対処法とは?

 

食べることは、人間が生きて行く上で大切な行為です。
しかし、食べ物を口にする度に、口の中は汚れてしまいます。
口の中を汚さないで食べるということは、不可能なことです。

 

口の中のお手入れを怠れば、どのような結末になって行くのでしょうか?
今回は、歯への影響を考え、歯石の原因や症状、その対処法について解説して行きます。

 

 

【歯石はどうして取った方が良いのか?】

 

★歯石とは?

 

細菌の塊であるプラーク(歯垢)は、唾液中のミネラルやカルシウム成分が石灰化したものです。
プラークの表面はザラザラしているため、更に次の菌が付着しやすくなります。
その状態を繰り返すうちに、歯石は段々硬くなって行き、歯磨きでは落とせなくなるのです。

 

★歯石を取らなければならない理由とは?

 

プラークと同時に歯石も、歯周病を招く大きな原因となります。
歯石は、プラークが石灰化したものです。
ですが、歯周組織と言われる歯肉や歯を支えている骨への悪影響は、プラーク程ではありません。

 

しかし、歯石に潜んでいる細菌から常に毒素が出されているため、歯肉の腫れや歯の周りの骨を溶かす歯周病を招きます。
そのために、歯石ごと全て細菌を除去する必要があるのです。

 

スポンサーリンク

【歯石を取るメリットについて】

 

★気になる口臭予防

 

歯石のザラザラとした表面には歯垢が付きやすく、歯磨きでは易々と落とせません。
口の中に停滞したままで、発酵してガスを発生させるのです。
これが、強烈な口臭となります。
定期的な歯石除去は、歯垢も溜まりにくくなり、口臭予防になるのです。

 

★歯周病予防のために

 

歯石は、細菌の温床でもあるため、歯周病菌も増やしてしまう原因となります。
歯周病に罹ると歯茎が腫れを起こし、歯周ポケットという溝が出来、そこに食べ物のカスが溜まりやすい状態になるのです。
歯周病予防のためにも、歯石除去が重要になります。

 

★更に怖い歯周病の影響

 

歯周病は、糖尿病や心臓病、脳卒中などにも深い関係があると言われています。
それは、歯周病菌が血管を巡って、全身に病気を引き起こすからです。
そんな恐ろしい細菌の温床を、口の中に作らないためにも、歯石の定期的な除去が大切になります。

 

歯石は、痛みを感じることがなく、知らないうちに溜まって行きます。
日頃から歯磨きの際には、自分の歯に気を遣いましょう。
歯石表面のザラザラ感は、自分でも充分確認することが出来ます。
定期的な歯石除去を行い、いつまでも自分の歯で美味しく食べたいですね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更新履歴