歯石の取り方 自分

自分でできる歯石の取り方と注意点

スポンサーリンク

歯石の取り方について、歯医者さんでなければ無理だと思われがちではありますが、自分でもできないことはないのです。
 そのためにはまず、専用の道具がなければなりません。
 歯石取り用の器具というものが、インターネット通販や、街のドラッグストアーなどに置いていることがあるので、探してみましょう。
 使い方は、鏡で口の中を見ながら、歯の周りを軽く削っていくのですが、歯茎に当てたりしないように気をつける必要があります。
 また、長年放置していた歯石は、硬くて剥がれにくくなっていることもあるので、そういった場合は、あまり無理に取ろうとしない方が良く、だからと言ってそのままにしておくと、虫歯や歯周病の原因になることもあるので、歯科の先生に任せましょう。

スポンサーリンク

 

 歯石を取る方法も重要ですが、器具の使い方にも注意が必要です。
 あまり力を入れて持ってしまうと、勢い余って口の中を傷つけることもあるので、軽く先端をつまむようにしておきます。
 歯石に当てる時も、取ると言うよりは、削るといった感覚の方が、器具が歯から離れにくいので良いです。
 それから、すべての作業を行う前には、器具を一度、アルコールなどで消毒をしておく必要があります。
 歯茎を傷めたのと同時に、ばい菌が入り込んでしまうこともあるからです。
 最後に、もしもこれらのことをしている最中に、歯茎からの出血があり、長い時間止まらない、などということが起こってしまったとしたら、すでに何らかのトラブルが発生していることも考えられるので、我慢せず専門の医師に相談しましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

自分で歯石を取る方法
歯石の原因と症状と対処法について、いろいろ書いていきます
自宅で行える歯石とりの取り方
歯石の原因と症状と対処法について、いろいろ書いていきます