歯石とりの頻度について

スポンサーリンク

歯を健康にするということは、体の健康にもつながります。
人間は口からものを食べて生活をし、ここからたくさんの栄養を摂取しているので、歯をきれいに保つと言うことは非常に重要になります。
そこで毎日しっかりと歯を磨くというのは基本的なことですが、このほかに歯石とりと言うことも行われています。
これは歯に付いたか汚れが石のようになった状態で、取り除かないと歯のさまざまなトラブルの原因となってしまいます。
歯石とりを行う頻度に関しては、一般的に言われているのが3ヶ月に1回であったり半年に1回となっています。
しかしここには個人差があり、歯石の付き方にも個人差があります。
歯を磨かないという人や唾液がたくさん分泌される人、このほかには歯並びが悪いという人は歯石ができやすいとされています。

スポンサーリンク

 

しかしこれはあくまでも目安なので、しっかりと目で確認して処置を行うことが大切です。
自分の口の状態を鏡で確認したときに、歯並びがよく歯がきれいな状態であるという場合には、半年に1回や1年に1回程度で大丈夫です。
しかし歯並びが悪いという人は、最低3ヶ月に1回は歯石を取る必要があります。
ここで気をつけなければいけないことがあります。
それは歯みがきをするのが苦手で歯周病や歯槽膿漏で口臭がするという場合には、歯石がたまりやすい状態となっています。
したがって1ヶ月から2ヶ月に1回の頻度で歯石を取り除くことが必要です。
歯石を取らずに放っておくと、歯への負担が大きくなるのでしっかりとケアをすることが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加