縁下歯石の取り方について

スポンサーリンク

鏡で自分の口の中を見てみると、歯茎の根元に黒いものが見える時があります。
これは虫歯ではなく、歯茎の中に隠れていた黒い歯石です。
これを縁下歯石といいます。
歯茎からの出血と唾液の中のカルシウムやリン酸がくっつくことによってできる歯石で、赤血球が含まれているため歯石が黒く見えます。
また、これがあるということは歯周ポケットがあることを示しています。
この黒い歯石は歯周病菌の住処と成り、歯周病を悪化させます。
歯茎の中の黒い歯石によって最近が集まり、歯を支えている骨が解かされ歯周病が進行していくのです。
この黒い歯石は白い歯石に比べて、頑固にこびりついているので取りにくいです。
では、この黒い歯石の取り方はどんな漢字なのでしょうか。

スポンサーリンク

 

黒い歯石は歯茎がはれている状態で除去すると、歯茎から出血してしまって、歯石をきれいにとる事ができなくなってしまいます。
歯ブラシやデンタルフロスで歯茎を引き締めてあげると、隠れていた黒い歯石が見えてきて、その時点で歯石を除去することによって痛みや時間を軽減することができます。
黒い歯石は硬く歯の根っこにこびりついています。
なので、歯石を除去する超音波スケーラーという機械で砕いて除去する必要があります。
そして歯の根っこはとても複雑な形をしているので、数回に分けて少しずつ取っていきます。
もし歯石が歯周ポケットの奥深くにある場合は、麻酔をして歯茎を切開して歯石を取っていきます。
通常、4mm以上の歯周ポケットの中の歯石は歯茎の入り口からは取れないので、この方法を使います。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加