歯石を放置すると歯の周りを溶かす歯周病の原因となります

スポンサーリンク

歯石とは、プラークが石灰化したもので、一度出来てしまうと自力では簡単に除去することが難しくなります。
歯と歯の間や歯と歯茎の境目、抜けた歯の周辺が付着しやすいです。
放置しておくと口臭や歯の周りを溶かす歯周病の原因となるほか、加齢とともに歯がなくなる頻度が高くなります。
症状としては、歯茎の腫れ、痛み、口臭などがあげられます。
歯茎の上に付着するものと下に付着するものの2種類があり、前者は肉眼で確認することができます。
後者は、長期に渡り付着していたことから黒褐色でとても硬く、前者よりも除去するのが難しいです。
歯の石を除去するには、歯科医院で3ヶ月から4ヶ月に1回の割合で定期的に除去してもらうのが良いです。

スポンサーリンク

歯の石を除去する方法として、超音波の振動で歯の石を粉砕していく措置と専用の器具を使い粉砕していく措置が主となります。
歯石が少ない場合は1,2回の治療で済みますが、多い場合には複数回に治療を要します。
除去するメリットとして、歯周病や口臭の予防、歯磨きの際に出血しにくくなることがあげられます。
予防・対策としては、プラークは数日で石灰化するため、歯磨きにおいてプラークをしっかり落とすことが大事です。
歯磨きの際に、口内をきれいに保つため、薬用成分が配合された歯みがき剤を使用すると良いです。
正しいブラッシングを行っていても、磨き残しの部分は生じることもあるため、定期的に歯の石を除去してもらうようにしたいです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加