歯垢や歯石を除去する理想の期間

スポンサーリンク

虫歯や歯槽膿漏などの口腔内の問題や事故や病気などで歯を失ってしまった場合、審美的な問題のみならず私たちの健康にも大きく影響してしまいます。
具体的に健康にどのような影響を与えるのかというと、歯がないことや歯が痛むことで食べ物を上手く咀嚼することが出来ずに食べ物を飲み込むため胃腸に負担がかかってしまい胃腸をはじめとする内臓疾患を発症しやすくなる、虫歯の細菌や歯槽膿漏の細菌などが血管に入り込み血栓を作り易くすることで心筋梗塞や脳梗塞などの発病のリスクを高めることなどが分かっています。
これら怖い病気を発症しないためにも、歯にトラブルが生じてしまったら早めに歯科医院へ行き治療を行うことが重要になってきます。

スポンサーリンク

事故や病気などの場合は仕方ないことですが、虫歯や歯槽膿漏などの口腔内の問題の場合は普段のケアで十分に予防することが可能です。
まず虫歯や歯槽膿漏などの予防に最も効果的なのが歯磨きです。
出来るだけ毎食後1回5分以上の歯磨きをするように習慣づけます。
しかし残念ながら歯磨きだけでは100%予防出来るとは言い切れず、念入りに歯磨きを行なっている人でも虫歯や歯槽膿漏に感染する確率がありますが、歯科医院での定期検診を受けることで確実に予防出来ます。
具体的には、歯科医院で虫歯や歯槽膿漏の元となり歯磨きだけでは落としきれない歯垢や歯石を除去してもらいます。
歯垢や歯石の除去の期間は3ヶ月〜6ヶ月に1度のペースで行うと良いとされています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加