歯石の除去により、歯と歯の間がスカスカに

スポンサーリンク

歯石は食べ物などに含まれるカルシウムが固まって出来る石状の物です。
歯石が出来る原因としては、歯磨きをきちんと行えていないため、汚れが少しずつ歯に蓄積してしまう為です。
カルシウムでできた石状になっている場合は、家庭での除去が難しいため、歯医者などに行き、施術してもらう必要が有ります。
一般的な施術は、超音波スケーラーにより、石を少しずつ削り取っていき、取りきれない部分はピックなどを使い削ります。
石は歯と歯の間に溜まりやすく、隙間を埋めながら大きなっていくため、石を取ると歯の間にあった石が無くなるため、スカスカになってしまいます。
最初は気持ち悪さなどが有る場合もありますが、本来あったはずの隙間なので慣れていきます。

スポンサーリンク

石を取らないままでいると、細菌が溜まってしまい、虫歯や歯槽膿漏の原因にもなるため、3カ月に1回程のペースで取ると、痛みも少なく、施術の時間も短くて済みます。
逆に2年以上放っておいた状態だと、石が完全に歯と歯茎の間に定着してしまう為、麻酔を使用しなければ激痛や歯に大きな刺激を与えてしまう場合も出てきます。
石を溜まりにくくする方法は、正しい歯のケアを身につけ、毎日行うことです。
歯ブラシで歯の全体的な汚れを取り、歯間ブラシなどを用いて歯と歯の隙間に溜まっている汚れや食べ物を取ります。
特に奥歯には歯磨きだけでは取りきれない汚れが溜まりやすいため、入念に行います。
食事をした後は毎回歯のケアを行うと汚れが溜まりにくくなり、石が出来にくくなります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加