歯石の前段階も含めて道具を使った歯石の除去方法や取り方

スポンサーリンク

元々、歯石になる前はすぐ取り除くことができるようなやわらかい細菌の塊です。
それを落とさずに放置していることで、どんどん細菌が蓄積して固くなり、歯石になってしまうわけです。
固くなってしまうと、もう歯ブラシで取り除くことは難しく、道具を使って除去することになるのです。
一般的な取り方としては、歯科医院等で道具を使って取り除きます。
歯の表面に付くこともありますが、歯肉と歯との間に付くことも多く、炎症を起こしてしまう原因にもなります。
早い段階での予防策は、歯磨きを丁寧に行い、定期的に歯科医院等でケアしてもらうこのがよいでしょう。
虫歯や歯の痛みなどないうちに見つかる異常なら治療での痛みを伴うことが少ないようです。

スポンサーリンク

歯磨きで取り除くことが不可能になってしまった固いものは、手作業で行うものと、機械を使って行うものとがあります。
手作業では、先端に刃のついた細い器具を使ってカリカリと削り落とす治療を行います。
大きな塊で削り取られることもあります。
超音波の振動を利用して削り取る方法は、水で洗い流しながらの除去作業となります。
機械を使っての作業なので、比較的短時間で多くの歯をケアすることができます。
高度な取り方としては、レーザーを使う方法もあります。
ただし、この場合は保険適用外となるので、事前に確認するのがよいでしょう。
これらで口の炎症やトラブルが改善しない場合は、外科的手術を行う場合もありますので、日ごろから歯のケアはこまめに行うことが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加