自分で歯石を取る際のスケーラーの使い方

スポンサーリンク

「スケーラー」というのは、歯医者などで歯石を取る際に使用する道具です。
様々な形状のものがあり、使用する場所や目的に合わせて使用するものを変えています。
歯医者で施術を受ける前に自分で何とかしたい、歯医者に言っている時間がない、講習や口のネバつきが気になりだしたという場合には、市販されているものを使用してみても良いかもしれません。
しかし、正しい使い方をしないと、歯や歯ぐきを傷つけてしまい、逆効果となる可能性もありますので、事前にしっかりと準備をし、慎重に行うようにしましょう。
まず、スケーラーは、使用する前に消毒をするようにします。
歯医者であれば、専用の機械を用いて滅菌するのですが、家庭ではありませんので、消毒用アルコールを使用します。

スポンサーリンク

 

鏡で歯石を確認します。
前歯の裏側など見えにくい部分に付着していることが多いため、大きく口を開けて確認するようにしましょう。
なお、無理をすると顎に負担が掛かってしまうので、注意が必要です。
顎に痛みがある場合には、休み休み行うようにしましょう。
なお、力を入れすぎてしまうと歯などを傷つけてしまうため、先端部分で弾くようにして使うことを意識しましょう。
自分で除去することが出来るのは、歯表面にあるものだけです。
歯周ポケットに入り込んでいるものに関しては取ることが出来ませんので、歯ぐきが腫れている、歯磨きをしていると出血があるなどの場合には歯医者に相談するようにしましょう。
歯周病を悪化させないためには、定期的な検診が大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加