歯石を取る道具・歯石を取る器具を使って歯石を取るには

スポンサーリンク

まず歯垢と歯石の違いについてですが、歯垢は柔らかくべっとりした細菌の塊(プラーク)で普段の歯磨きで落とすことができます。
ですが歯石のほうは歯垢が固まって石灰化もので歯磨きでは簡単に取れません。
ですので歯石の原因は毎日の歯磨きでの歯垢の磨き残しが原因です。
しかし毎日歯を完璧に磨くのは難しいものです。
だから歯石は必然的にできてしまいます。
この歯垢は放っておくと歯の周りの骨を溶かしてしまう虫歯や歯周病の原因となります。
歯周病は糖尿病、心臓病、骨粗しょう症などの病気を伴う可能性があるので定期的に歯石を取っておく必要があります。
定期的とは具体的に言うと三ヶ月に一回ぐらいがまだ歯石も柔らかく取りやすいので良いです。

スポンサーリンク

では実際に歯石を取るには、一番いいのは歯医者に行ってお医師さんに取ってもらうことです。
ですが忙しくて歯医者になかなか行けないときは自分でも取れる方法があります。
歯石を取る道具・歯石を取る器具を使うことで意外と簡単に取れます。
その方法は用意した道具・器具で一本一本歯の周りや歯の間に付着している歯石を丁寧に擦りながら、少しずつ削り取る感じでとっていきます。
このとき歯石がとても固くなってうまく取れない時は無理に取ろうとしないでください。
最悪歯や歯茎などを傷つけてしまうこともあるのでそのときは諦めて歯医者さんに行くことをオススメします。
歯石が少しでもつかないようにするにはデンタルフロスで歯の間の汚れを取ったり歯石が付きにくい歯磨き粉を使うことが効果的です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加