歯の裏にある歯石の取り方について

スポンサーリンク

歯石が出来る原因はカルシウムとリン酸が結合し、歯に結晶を形成します。
この結晶が硬化したものが歯に固くこびりつくと簡単には除去出来ません。
こうなると取り方としては歯科において取り除くしかありません。
鏡を頭の上にかざした状態で口の中を見ると歯の裏にこびりついている場合があるので、それがくっついているか一番確認しやすい方法です。
歯の裏が一番出来やすく舌でくっついた部分を舐めてみるとザラザラしてあまり良い感触ではありません。
このままほおっておくと歯周病を引き起こす原因となりますし、細菌の巣窟になる恐れもあります。
酷くなると歯を腫らせ、周りの骨を溶かす事となり歯が欠けたり抜けたりする事になります。
こうならないためにも早急に歯科医で除去するのが望ましいです。

スポンサーリンク

こびりつく前に予防する方法としては日頃の歯磨きによる適切なブラッシングが効果的だと言われています。
歯科医でも患者さんに対して歯の磨き方のアドバイスを行っていますが、一般的な磨き方とは違うものです。
まずは歯と歯茎の間の境目にブラシを当て、歯肉をマッサージするように小刻みに動かすように磨きます。
境目を重点的に気を配りながら回転させかきだすように磨くようにしましょう。
この時気を付けたいのは力を入れ過ぎずに磨くことです。
歯を磨いてもブラシでは届かない部分もあります。
裏側や歯と歯の隙間などです。
一般的な歯ブラシでは限界がありますので歯間ブラシやデンタルフロスを使う事で磨くようにしましょう。
予防方法は日頃の歯に対する十分なケアが必要なのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加