歯石除去すると歯間に隙間ができる

スポンサーリンク

虫歯になると歯の痛みで仕事に集中できなかったり夜も眠れないといった経験をしたことも少なくありません。
そして歯医者にいって麻酔をして虫歯を抜いてもらい代わりに差し歯をつめるといったことになります。
そうならないためにも普段から歯磨きをして歯に残った食べ残しを取り去ることを行っていますが、どうしても磨き残りはでてそれが原因で歯石がたまって虫歯となります。
たまった歯石は個人で取り除くことはできないので歯医者さんにいって歯石除去を依頼することになります。
本来であれば歯の間には隙間ができた状態が正常な状態ですが、施術後には隙間ができてしまって違和感を感じる人も少なくありません。
施術後に歯の間をしっかり磨かないと再び歯石がたまることになります。

スポンサーリンク

歯医者さんで歯石除去をしてもらう頻度としては理想は3カ月に1度になります。
しかし保険を使っても1回で3千円ほどの費用がかかることと頻繁に歯医者さんに行く時間がないという人は6カ月に1度の通院と普段しっかりと歯磨きを行うことにより虫歯対策としては十分です。
費用としても年間に6千円程度で虫歯にならず、ずっと自分の歯で食べ物を食べることができることを考えると安上がりとなります。
また歯石とりと合わせて歯のクリーニングを行ってもらえるため、コーヒーやお茶によって色素のついた歯を白い歯に保つこともできます。
歯の間の食べ残しをとるには歯間ブラシが有効です。
これを歯磨きの後に毎日行うと自宅でできる歯へのケアは完璧です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加