歯石取りで歯の思考を除去する時には血がでる

スポンサーリンク

虫歯や歯周病にはだれもがなりたくないものです。
そうならないために毎日歯を磨いていても歯石はたまります。
歯石とは最近の塊が口の中の唾液のカルシウムなどのミネラル成分と結びついてできた石のことです。
この歯石を棲家として細菌が繁殖し毒素を出すために歯の骨を溶かして歯周病としたり歯茎を腫らせたりします。
なので歯石取りは必要で、自身で歯を磨いても除去できないため歯医者さんで施術してもらう必要があります。
この施術の時には歯茎から血が出ることがありますが、これは歯石が細菌と血液、唾液からできているためで歯石を除去すると口の中が赤くなります。
施術の目安ですが理想は3カ月に1度ですが、定期的に行っていれば半年に1度でも問題ありません。

スポンサーリンク

定期的に歯石を取り除いていれば歯石のこびりつきが浅いため、1度歯医者さんへ行けばその日のうちに全ての歯の歯石を取り除いてもらえます。
逆に長い間歯石取りを行っていない場合には歯石が歯にこびりついているため、一回の施術では取りきれず2回から6回通院が必要となります。
放っておくと歯周病となったり歯が抜けてしまったりしますので、必ず歯石をとることは必要となります。
また歯石は最近の塊でもあるため口臭の原因にもなります。
エチケットを考えても歯石を取り除くことには大いに意味があります。
歯並びが悪い人は歯石や磨き残しができやすいため、歯周病になりやすいです。
そのため歯並びの矯正手術を行うことは将来に渡り自分の歯で食べることにつながります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加