健康は歯垢と歯石の見分け方、オーラルケア器具の使い分け方から

スポンサーリンク

 最近、オーラルケアに関する言葉をよく聞きますが、歯垢と歯石はどう違うのかと言うと、その見分け方は前者が素、後者が結果です。
 歯垢は細菌の塊の事で、プラークとも呼ばれます。
柔らかくてネバネバしていますが食べかすとは違います。
歯の表面にしっかりとついてしまい落ちにくいので、歯ブラシでしっかりこすり取らないといけません。
歯垢は歯周ポケットや歯間、歯と歯茎の境にもたまり、取りきれないとどんどんたまっていって唾液や血液によって石灰化して石の様に硬い状態になります。
これがいわゆる歯石と呼ばれる物で、放置すると歯周病を起こし、歯を失う原因にもなり得ます。
どちらも自分で完全に落とす事が難しいので、定期的に歯科できれいに掃除してもらうのが理想的です。

スポンサーリンク

 そうは言っても、まずは自分でできるだけ歯垢を落とす事が大切です。
歯垢は口臭の素、虫歯の素でもあるからです。
 歯ブラシだけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシを使用すると効果的です。
使用する場所ですが、歯が密接している箇所は細いフロス、歯間の根本の隙間掃除には歯間ブラシが適していますので、この2つを場所に応じて使い分けると、より効果があります。
 歯磨き粉には特別な成分を含有した物など色々と種類がありますが、歯垢が石灰化する前にできるだけ落としておく事が何と言っても肝要です。
 最近、虫歯や歯周病が心臓疾患や糖尿病など、他の病気の発症にも影響する事がわかってきました。
 様々な病因になり得る歯垢をきれいに落として、栄養のある食材をしっかりと摂取できる強い歯を保ち、健康的な生活を長くおくるように心がけましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加