自分で歯石を取る 方法

自分で歯石を取る方法

スポンサーリンク

 もし歯石ができてしまったら、歯医者に行けば綺麗に取り除いてくれます。
ですが、今では歯医者に行かなくても自分で歯石を取る方法があります。
たとえばデンタルフロス、歯間ブラシなどで歯を磨くことです。
歯石は歯の隙間につきやすいので、これらの器具を使うことで隙間にこびりついている歯石を効率的に削り取ることができるということです。
また、歯石をとるための専用の器具も販売されています。
ピックやスケーラーと呼ばれるものなどといったいろいろな器具があります。
これらは歯間にも入るほど細く硬いので、より頑丈な歯石を取り除くことができます。
お金もあまりかからないし、他の器具で代用するより断然安心できるものなのでおすすめです。

スポンサーリンク

 

自分で歯石を取るときに特に注意しなければいけないのは、歯肉を傷つけないようにすることです。
歯肉は傷つきやすい部分です。
歯と歯肉の間に歯石もつきやすいので、注意して取り除く作業をしないと痛めてしまいます。
できれば鏡を見ながら慎重にやりましょう。
歯石の気になるところだけではなく、周辺もよく見てやっておくといいでしょう。
見えにくい隙間にある可能性もあるからです。
取り残しの無いようにしっかり取ったら、きちんとゆすいでスッキリさせましょう。
ですが、あまりやりすぎると歯石だけでなく歯も削ってしまう危険性があります。
十分に気を付けましょう。
なので自分でやるのもいいですが、手先が不器用だったりしてうまくできない人は歯のケアもかねて歯医者にいくのが良いでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

自分でできる歯石の取り方と注意点
歯石の原因と症状と対処法について、いろいろ書いていきます
自宅で行える歯石とりの取り方
歯石の原因と症状と対処法について、いろいろ書いていきます