歯石ってなにという方へ

スポンサーリンク

昨今は以前と比べ、歯科医院へは『虫歯になってから行く』のではなく、『虫歯になる前に行く』また、虫歯だけではなく、『歯周病』への関心も高まっており予防歯科という言葉も普及しつつあります。
TVなどの特集でも歯科は取り上げられ、『歯石』という単語を聞く機会も増えてます。
『歯石ってなにか』…簡単に言うと『歯垢』が石灰化した(かたくなった)ものです。
『歯垢』の時は歯ブラシでも簡単に取れますが、『歯石』となると、専用の器具が必要となります。
また、自分自身での除去は困難で、歯科を受診する事になるのが大半です。
しかし、『歯石』は多くがまず、下の歯の裏側につきます。
そのため自分ではあまり気づかない事が多いのです。

スポンサーリンク

この『歯石』というのは、歯周病の原因になりますが、もっと身近な症状で言うと、口臭や、歯茎からの出血の原因になります。
歯科での歯石除去の際も重度の場合、出血を伴う事が多いです。
除去後も歯肉が炎症を起こしている場合が多いので、普段の歯ブラシの際も出血することがあります。
ここで、『血が出るのがいやだから』と歯ブラシをきちんとしないでいると、同じ事の繰り返しになります。
なぜ、そこに『歯石』がついていたかというと、それはきちんと歯ブラシで清掃ができていなかったからです。
現在、多くの歯科では歯ブラシの使い方を教えてくれます。
大人にもなって今更歯ブラシの使い方を教わるのは抵抗があるかもしれませんが、正しいブラッシング法を教わり、可能な限り自分の歯で食べたいものです。
歯を失うのは、なにも虫歯だけではありません。
歯周病でも大切な歯が失われます。
いづれも自宅でできる歯ブラシから予防できます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加