歯石とり 痛い

歯石とりの施術は痛いのか

スポンサーリンク

普段しっかり歯磨きをしているつもりでも、毎日食べる食事の汚れが歯の間などにたまってしまうと、プラークと呼ばれる汚れとなって蓄積してしまいます。
プラークの場合念入りに歯ブラシでブラッシングや歯間ブラシなどを利用する事で大体の汚れを落とすことが可能ですが、磨き残しがあるとプラークはだんだん蓄積していき固まってしまいます。
これを歯石と呼びます。
歯石の状態になってしまうとブラッシングだけでは綺麗に落とすことが不可能になり、無理して削り落とそうとすると健康な歯のエナメル質に傷をつけてしまう危険がありますので、自分で歯石とりを行う事は出来るだけ避けて、歯科クリニックに相談して歯石の除去を行う必要があります。

スポンサーリンク

 

また歯石は歯の間に固まってしまっているため、歯石とりのばあい機器があたり痛い思いをしたり、出血をしてしまう危険がありますが歯石が除去されれば自然に歯茎が正しい位置に戻ってきますし、毎日の歯磨きの際に歯茎を優しくマッサージするようにブラッシングをすることで、出血の起こりにくい健康的な状態に戻すことが可能です。
歯石は口臭や雑菌の繁殖を進行させてしまう危険がありますので出来るだけ、歯石が出来る前に自分でお手入れを行うようにしたり、歯科クリニックで定期健診を受けることで綺麗な歯を維持することで歯石がたまりにくい状態を維持することが出来ます。
歯間ブラシが使いにくい場合にはデンタルフロスから使い始めると無理なく続けることが出来ます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

歯石の除去後に痛い症状
歯石の原因と症状と対処法について、いろいろ書いていきます