黒い歯石 取れた

黒い歯石が取れた場合は歯周病が進行している可能性があります

スポンサーリンク

 歯石はその色により大きく2つに分けることが出来ます。
まず、歯表面に付着しているのが色が白い歯石です。
白い歯石は、プラークと唾液の成分により作られており、年齢を問わず、誰にでも出来るものです。
歯ブラシの届きにくい場所などにできやすく、赤ちゃんにも出来ることがあります。
もう一つのタイプが色が黒い歯石です。
これは、歯の表面ではなく、歯ぐきの中に出来る歯石であり、歯肉縁下歯石とも言われています。
これは、歯ぐきからの出血、唾液中のカルシウムやリン酸がつくことにより出来る歯石です。
黒く見えるのは、血液の成分である赤血球が含まれているためです。
このタイプの歯石は、歯周病を悪化させるとも言われているタイプです。

スポンサーリンク

 

白い歯石は比較的取れやすく、歯磨きなどを行なっている際にと取れたという経験を持つ人も多いようです。
しかし、黒い歯石の場合は、歯に強固にこびりついているため簡単に取れるということはありません。
除去する際にはまず、歯ぐきを引き締める必要があります。
歯ぐきが腫れている状態で歯石を除去しようとすると、歯ぐきから出血する可能性がありますし、歯石を取り残す可能性もあるためです。
歯の根は、歯表面とは異なり、複雑な形をしています。
そのため、一度にすべてを取ろうとすると、時間が掛かってしまうため、数回に分けて除去するのが一般的です。
自分では確認することが難しいため、症状が悪化する可能性があります。
定期的に歯医者でのメンテナンスを受けるようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加