匂いの原因にもなる歯石

スポンサーリンク

日頃の歯磨きによる歯のケアがしっかりできていないと、磨き残した歯垢が固まってしまい歯石と呼ばれるものができてしまいます。
これは痛みがあったり見た目でわかる虫歯と違ってやっかいなものです。
こびりついてしまうと、名前の通り本当に石のように硬くなっているので簡単に取ることができません。
できてからしっかり歯を磨いても取ることができないうえに、隙間にこびりつきやすく、また歯とほぼ同化しているような状態なので気づかない人もいます。
歯垢からできているものなので、放っておくと口臭の原因にもなってしまいます。
最近はしっかり歯磨きをしているのに歯の匂いが取れない気がする人は、もしかしたらこれが原因である可能性があります。

スポンサーリンク

 

歯石を取りたいときは歯医者にいけば特に苦労もせずに簡単に取れます。
口臭を完全に改善するためにも、ついでにケアをしてもらうとより良いでしょう。
ちなみに、自宅でも取れる専用のグッズも存在します。
硬くて細いのでつまようじのように細かいところの汚れも固まった歯垢も取れます。
ですが自分でやると歯を削りすぎてしまったり、周囲を傷つけてしまう可能性もあります。
なので、やるときは鏡を見ながら慎重に使うことを推奨します。
手鏡だとよりやり易いかもしれません。
隙間にできやすいのもあって、実は歯の矯正をしている人ほど注意しなければいけません。
歯垢が残りやすいので、磨き残しのないようにしっかり磨くようにしましょう。
そうすることでこびりついた汚れと臭いを取り除くことができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加