歯石とり 自宅 取り方

自宅で行える歯石とりの取り方

スポンサーリンク

 歯に付着したプラークが石灰化したものを歯石といいます。
歯石は石灰化してしまうと、簡単に除去することができないものですが、新たなプラークが付着しやすくなってしまい歯周病などの疾患の原因となってしまいます。
歯石には、小さな穴が空いておりそこで細菌が増殖することで疾患が起こります。
放っておくと、歯を失うだけではなく、全身疾患などの合併症を起こしてしまう可能性もあるのです。
これを予防するためには、基本的にブラッシングを行うことによって防ぐことができるようになっています。
しかし、個人で完全にプラークを除去するのは不可能なためどうしても歯石はできてしまいます。
そのため歯石とりを行うためには定期的に歯科に通って、スケーリングやルートプレーニングにて除去してもらうことをおすすめします。

スポンサーリンク

 

しかし、歯科に行く時間が取れないという人も多くいます。
そんな人におすすめなのが、自宅で歯石とりを行う方法です。
専門的な器具を使わなければ取れない歯石もありますが、自宅で取ることのできる歯石もあるのです。
自分でケアすることによって、疾患のリスクを減らすことができるようになります。
取り方としては、歯石を除去するための器具を使います。
通販やドラッグストアなどで購入することができ、用意した器具で歯の一本一本の周りや歯間を擦ることによって固くなっている歯石を少しずつ削り落とすように取り除いていきます。
上手く取れない場合もありますが無理矢理取ろうとはせず、一気に取り除くことは難しいため少しずつ取り除いていくことが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

自分でできる歯石の取り方と注意点
歯石の原因と症状と対処法について、いろいろ書いていきます
自分で歯石を取る方法
歯石の原因と症状と対処法について、いろいろ書いていきます