歯に付着する茶色の歯石の除去について

スポンサーリンク

歯石は歯に付着した汚れが石灰化したもので、通常の歯磨きでは落とすことができないほど頑丈なのが特徴です。
石灰質なので白色になることが多いですが、歯の汚れが主成分なのでタバコやコーヒーなどの嗜好品を常用していると茶色に変色することがあります。
見栄えが悪く、不潔な印象を与えてしまう他、歯並びや歯茎の健康状態に悪影響をもたらすこともあるので適切な方法で除去することが大切です。
歯科医による処置を受けるのが一般的な対処法ですが、歯の形状や口内環境によって仕上がりが異なるので注意します。
また、同じ処置でも歯科医師の技術力の良し悪しで結果が大きく左右されることから、評判が良く信頼できる所を選ぶことが口の中を綺麗に保つための重要な条件になります。

スポンサーリンク

 

歯石の除去は専用の金具で削り取ったり、薬剤で溶解する方法などがあります。
いずれの方法も長所と短所がありますが、仕上がりを綺麗にするだけではなく安全性も重視することが大切です。
個人の体質や歯の健康状態によっては特定の方法が利用できないことがあるので必ず事前に検査を行います。
また、処置を終えた後も再び汚れが付着しないように衛生管理に気を配ることが大切です。
茶色の変色を防ぐためには嗜好品の利用頻度を減らし、こまめに歯磨きを行って口内に汚れを残留させないのが効果的です。
定期的に歯科医師の元で検査を行い、汚れを取り除くことがトラブルを避けるための条件になります。
費用は処置の内容で異なるので予め詳細を確認することが金銭的な負担を軽減させるための心得です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加